我家の犬の保護、一時預かりっ子日記。 家族募集中でっす! 
プロフィール

直子

Author:直子
遊びに来てくれてありがとう♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は千葉にある訓練所へチェルと、チェルの希望者さん家族と行ってきました。

訓練所の所長さんは咬み癖矯正に慣れている方で
チェルを見て「そんなに酷くないね。もっと目がキツイかと思ってたよ」と言ってくれて、私の気持ちが明るくなりました♪

今の我が家での生活がチェルには合っていたので
それでチェルは変われたんでしょうと言われ、とても嬉しかったです。

「今日からでも預かれますよ」と言われ、かなり驚いたのですが
そのままチェルは2ヶ月の預かり訓練をすることになりました。

今後は週一で希望者さん家族の家に連れてきてもらい
チェルの扱い方などを教えてもらいます。

暫くは希望者さんとチェルで頑張って頂いて、
無事に訓練所を卒業したらお試し生活をする予定になっています。

訓練期間中、チェルの様子が分かり次第
随時ご報告させて頂きますね。

チェルのお嫁入りが一歩近付きました。

あの威嚇して咬み付いてたチェルがお嫁入りなんて
夢のまた夢だと思っていたのに・・・。

なんだか信じられない気持ちですが
城南島の処分場から保護して1年経って
チェルシーにも家族が出来そうです。

チェルシー、頑張って!!!
スポンサーサイト
飼い主の虐待により咬み犬になってしまったチェルシーに
運命の赤い糸が繋がるかもしれませんっ!!!

美人のチェルですから問い合わせは沢山頂きましたが
現状のチェルを嫁に出す気などさらさら無く、数年間のお預かりを覚悟していたのですが
私がいくら「危険ですよ」と伝えても、希望者のWさんは「もうチェルしか考えられない」と仰ってくださり
実際にチェルに会いに来てくれました。

生チェルを見たWさん、引くかと思いきや「これから週一のペースでチェルに会いにくる」と仰ってくれ
先週、先々週は天気が悪くて来れませんでしたが
今日は3回目のチェルの面会へ、先住犬のチョコちゃん(チョコラブ♀5歳)と一緒に来てくれました~。

チョコちゃんとは2回目の対面です。
犬が嫌いなチェルなので、チョコちゃんが近寄るとイヤな顔をしますが
それでも争いになることもなく、な~んとなく良いムード?

a

パパ、ママ、チョコ姉ちゃんとお散歩へ行ってもらいました。

a

なかなか良い感じ~♪

a

チェル、笑ってるよ~♪

a

やっぱ美人さんだ。

a

ママのところへ近付いたと思ったら、いきなりゴロ~ん!!

a

チェルが甘えてるー!!!
これ見てたら涙が出てきた(T_T)
この後、ママの顔をベロベロ舐めたんですよー。
もう感激マックス!!!

a

みーんなで走って

a

パパにオヤツの催促(笑)

a

もうすっかり本当の家族みたい(@_@;)

まだお嫁入りには、クリアしなきゃいけない問題がありますが
こうして週一、一緒に遊び、勉強していけば絆が深まると思います。

一番の難関、ご飯あげまでやってもらいました。
いくらなんでも「まだ恐いから」とか断られるか?!と思いきや
ママさんは進んでサークルへ入り、チェルにご飯を与えました。

この度胸があれば大丈夫(^^)

普通の子のように、すぐにお試しには入れませんが
ゆっくりゆっくり、チェルシーの赤い糸が繋がるよう見守りたいです。
チェルシーのことは『チェル』『チェルチェル』と呼んでいるのですが
最近は『チェル子』に変化しています~。

チェル子ちゃんは相変わらず元気にしています。
我が家で唯一の外犬なので、やはり室内のワンズのような接触が少なくて
ちょっと可哀想かなって思うのですが、室内には入れてあげることが出来ません。

チェル子は室内で酷い虐待をされていたのだと思います。
室内だと緊張して顔が変わってしまってました。
お外だとノビノビできるようなんですよねぇ。

ゆくゆくは室内犬にするつもりですが、我が家のように元気いっぱいの
ワンズがわさわさしていては無理だと思います。
チェルってワンコもあまり好きじゃないみたいです。

そんなチェル子ですが、我が家にきて3ヶ月ちょっと
相変わらず威嚇して唸るときはありますが、私は唸ると無視してしまいます。
ご飯もオヤツも唸ったらあげません。
時間をおいて、唸らなければあげています。

まー君は唸られても「ウーじゃないっ」と言って、サークルの中へ入ってしまいます。
私が「大丈夫なのー?!」と心配しても「だってオレが強いとこ見せなきゃと思ってさ」だって。

どちらのパターンでもチェル子は大人しく理解してくれています。

私は『咬ませない』ように気を付けているのでチェルがまだ咬むのかどうかは分かりません。
咬まれない、では無くて『咬ませない』のです。

今のように咬まなくても楽しい毎日を送っていくことがチェル子には必要な時間だと考えています。
もし咬んでしまったら最初からやり直しになってしまうかもしれません。
なので、チェルのトラウマに対しては無理強いはしていません。

とはいえ、いつかは咬まれるかもしれません。
そういうときの対処も間違えてしまっては最悪になってしまいますから
常に咬まれたときのイメージトレーニングしています。
こちらが興奮しないように怒らないように、落ち着いて対処しなきゃいけません。

とにかくチェルには、もう咬む必要がないってこと知って欲しいな。
最近のチェル子を見てると、もしかしたら既に理解してくれているかも、と期待しています。
めっきりネオ中心になりつつあるこの預かりっ子日記ですが
我が家にはチェルシーも居ますよー(笑)

チェルチェル、機嫌が良いときは本当に可愛い普通のゴルちゃんです。
でも気に入らないことがあると鼻にシワをよせて、おっかない顔して
攻撃してくる困った子ちゃん。

でも最近の唸りは、あまり迫力がなくなってきました。
尻尾を振りながら、唸って攻撃してきたり。
前ほど恐い顔ではなく少しですが柔らかい怒り方になってるみたい(笑)

今日はフードが1粒、サークルの外へ飛び出してしまった。
届きそうで届かない。
で、唸って怒って、大騒ぎしてました^^;

元飼い主から受けた虐待から咬み犬になってしまったのはチェルの責任ではありませんが
これから家庭犬として幸せな犬生ができるかどうかはチェル自身の努力が必要です。

いつまでも唸って攻撃して大騒ぎなんかしてちゃダメじゃんっ。
ワガママばっか言ってちゃダメじゃ~~んっ。

と、チェルチェルには厳しく接するようにしています。
恐いけど^^;

威嚇、攻撃してきても怯まずに
「ノーーッ!!!」「いけないっ!!!」と叫んでいます。

ご近所中に私のマジ切れの大声が響き渡っております・・^^;

チェルは反抗的になるかと思いきや
意外やこちらが怒りのオーラ・メラメラ~で叱ると、大人しくなります。

「あっ、やべー。まぢ怒ってる」って感じ?(笑)

ふーん。
あんた今まで、ナメてたのよねぇ。ふーん。

というように試行錯誤しながらチェルに合った接し方を探しています。
そしてチェルは、ちゃ~んと家庭犬として成長しています。

まだまだ時間は掛かりますが、気長に気長に。
チェルの預かりを開始したのが5月30日。
当初は短期の預かりの予定でしたが、もう一ヶ月が過ぎてしまいました。

最初の頃の恐怖心に比べれば、だいぶ慣れて接することが出来るけど
こうやって慣れて、気持ちに緩みがでてきた頃が一番危険なんだと自分に言い聞かせています。

チェルは威嚇、そく攻撃。
これを忘れちゃいけません。油断は禁物なのです。

普通のワンなら「いやだよ~」と唸っても、すぐに咬まないはずだけど
チェルは人間が離れていたって飛び掛ってきて咬み付いていました。

威嚇、攻撃の理由も怒りだけではなく、不安なとき、甘えたいとき、
どうしたら良いのか分からないときに唸っていました。

今でも思うようにならなければ鼻にシワをよせて唸ります。
感情の表現方法が「唸る」になってしまうようです。
唸って騒いでるうちに、どんどん興奮していくようです。

チェルだって、たくさん甘えたいんだろうになぁ・・・。

でもあまり身体を触られるのは好きではありません。
常に虐待されていたので、急にベタベタ触られても、これが気持ち良いなんて思えないのかもしれないですね。

チェルの機嫌がいいのはお散歩へ行く直前、リードを着けた前後です。
そのときは大喜びで、ジャンプ!アタック!ですが、散歩が始まり歩き出したら人間には興味がないみたい。

すぐに「帰る」と踏ん張って歩かなくなっていた散歩は、この頃は嫌がらず歩いてくれるようになっています。

チェルと話が出来たら良いのにって思います。
そしたら色んなこと聞いてみたい。
元飼い主にどんなことされて、どんなに苦しかったのか話してほしい。

チェルに咬まれないように気をつけながら、少しでもチェルが普通の生活が送れるようになってくれたらと日々思っています。

普通のワンになって欲しい。
1年掛かるのか、2年掛かるのか分からないけどね。

まだまだチェルの考えてること、分かってあげれないけど
内心、恐くてドキドキしてるけど
ワガママお嬢様のチェルと気長に付き合っていこうって決めました。

チェルと一緒に勉強していきます。
いつもお散歩へ行くとき、私がサークルへ侵入しリードを着けて
さあ出発よ~っていう瞬間はご機嫌のチェルチェル。
こういう時は何しても平気って分かってはいるけど、やっぱ恐いのだ^^;

今日も、とっても大歓迎してくれた。
リードを着けようとしたら、ひっくり返ってお腹を出して、私の手に甘咬みまでしてくれた~。

だいぶ私も恐怖心が薄れてきてるので、チェルの鼻にタッチくらいなら
出来るようになったのよ。

ジタバタしてるチェルにやっとこリードを着けて、サークルの外へ出ると
きついチェルアタックの洗礼が待っています。

今日はチェルアタックだけじゃなく、私の足にしがみついてきた~!!
嬉しくて興奮して「ガウ~~」とか言いながら、しがみついてくる。
激しいよ。チェル^^;

ひとしきり大興奮?大歓迎を受けると、もうタッタカ歩いていくチェル。
あとは匂い取りに忙しくて、私のことなんか無視ですよ。無視。

散歩中は唯一チェルと沢山コミュニケーションが取れる大事な時間なので
いっぱいいっぱい話しかけています。
チェルはチラ見(笑)で、一応アイコンタクトを取ってくれるので
「あ~チェルは良い子だねぇ。可愛いねぇ~」と、独り言のように
ずーーっと話しかけています。

ご飯は引き続き、オヤツ作戦を試しています。
クッキー、もっと欲しいときに「わん!わん!!」と騒ぎ
騒いでるうちに興奮して唸るときがあります。
そういうときは「はい、お終い」と、チェルの傍を離れています。

唸ったら大好きなクッキーはもらえないって理解してくれると良いんだけど。
今朝も威嚇&攻撃の最中に、じゃじゃ~~ん!とガムを見せると
「わ~い♪頂戴~~♪」と笑顔になった(笑)

おやつ作戦のお陰かどうか、夕方のお散歩では、いつもの「もう帰る」も
しなくて超ご機嫌なチェルチェル。

途中で近所のお友達mamiyに会ったので一緒にお散歩してみた。

いつもは何かあると困るので人にもワンにも近寄らないようにしています。
でもmamiyとmamiyんちのワンズなら気兼ねなくチェルの様子を見ることが出来てラッキー!!

私がウラン(黒ラブ♀)をナデナデするとチェルは焼きもちなのか?!
私のすぐ横へぴったりと寄り添ってくれる。
かと言って、物凄く甘えるわけじゃないけど。
うーむ。チェルは甘え方、甘えるということ自体が分からないみたい。

で、mamiyにもチェルの豹変ぶりを見てもらおうと、そのまま我が家へ。

ところが、今日のチェルはやっぱり超ご機嫌なのだった!!

器に口を入れた瞬間だけ唸ったけど、その後は普通に完食し、
「よしっそろそろ来ぞ~~」という私の期待?を見事に裏切り。

「おやつ、ちょーーだいっ」というニコニコ笑顔のチェル!!!

慌てて取りに行きましたよ。クッキーを。
満足気にクッキーを食べて、その後も唸ることもなく始終ご機嫌♪

こんなに早く『おやつ大作戦』の効果がでるなんて~♪

まあ、これも慣れたら元に戻るかもしれませんが^^;
このまま唸らなくなってくれると嬉しいな。
相変わらず、威嚇&攻撃のお食事タイムが続いているので、色々と試してみようと思います。

無視は効果がないように思えます。
笑顔もあんまり効果なし。
座れの指示は従うときと従わないときがある。こんにゃろ。

今日の夕飯のときも食べ終わったら攻撃にきました。お約束だからね。

じゃじゃ~~んっ。

と、細長いガムを笑顔で見せびらかしてみました~。

ガウガウしてたチェルの顔が「えっ?!」とビックリ顔になりました♪

「これ欲しいの~?じゃあ良い子してね」と話しかけると、ちゃんとお座りしてくれた。
「マテだよ。マテ~」も、可愛い顔して待っててくれます。

「はい、よし」で優しく食べてくれました。

今日はガムをあげて、すぐに立ち去りました。
また食べ終わって攻撃になってしまったら、この作戦は失敗になっちゃうもんね。

暫く、このオヤツ作戦で様子を見ることにします。むふふ。

ここでチェルのこと、正直に報告するようになって、だいぶ私が救われてきました。
今まで、どうしたら良いのか一人もんもんとして、夢でうなされるくらいでしたが
愚痴ってわけでもないけど、吐き出せるということは気持ちがラクになりますね。

みなさんからコメントやメールも、とっても嬉しいです。
訓練も受けたことがないド素人の私が、チェルのお世話をするなんて
接し方が悪いのかなぁ・・・とも思っています。

まあ飼育放棄犬にマニュアルは無いっ!と、今まで何頭もお預かりしてきたので
今まで通り試行錯誤しながら、チェルとお付き合いしていきます。
今日も無事にチェルシーのお世話が終わりました~。

朝は、まー君が早出じゃなければ2人でお世話が出来るので気がラクですが
夕方は私だけなので、ちびっと憂鬱になります^^;

お散歩は、人やワンが少なくなる6時前後に行くことが多いのですが
その時間になるとチェルは鳴いて呼んでいます。

「おら~!!さっさと散歩、連れていけぇ~!!!」って感じでしょうか。

サークルの入り口を開けても飛び出さないのは、とっても良い子♪
飛びつくと、私が手を出さない(出せない)のも分かってるので大人しく
背中を向けてお座りしてくれるので、リードを着けることが出来ます。

でもチェルが振り返ったり、尻尾を振らずにジーっとしていても恐怖が襲いますが
ここは「えいっ!!」と首に手を伸ばしてリードを装着します。
内心ドキドキ、心臓バクバクなんですよ~^^;

リードさえ着けたら、もうお転婆娘のチェル!!
きついチェルアタックを前から後から受けても、やはり手は出せません。
恐いから^^;

チェルは、うんち&しっこが終わると「もう帰る」と歩かなくなります。
そんなワガママは許しませんよ~と、怪力で引きずってでもお散歩へ行ってます。

お散歩中、ボールやゴミなどを咥えないように、かなり注意しています。
もし咥えてしまっても取れませんからぁ~(泣)
チェルはオモチャにも執着が酷く、威嚇&攻撃になりかねないのです。

お散歩が終わり、本日のメインイベント~~。
恐怖のご飯の時間です。

器に口を入れるまでは、まあ何とかなるんですけど、唸るから恐いっつうに!

a

だって、こんな可愛い顔のチェルが・・・

a

こんなに恐い顔すんだもん(T_T)

ガツンガツン!!と当たってくるから、サークルが倒れたらどうしよう?!と、びびってしまいます。
でもチェルには恐がってることを悟られちゃいけませんっ。

夕ご飯が終われば、本日の任務完了です。
はぁ~今日も無事に終わった~~と、安心しちゃいますな。

機嫌の良いときのチェルは、とっても可愛いんだけどなぁ・・・。

a

まー君とネオのラブラブシーンです^m^
チェルの食事風景?決定的瞬間を撮ってみました。

保護したときから食事時が一番危険だったチェルですが、訓練所生活のお陰で
これでもかなり改善されました。

器を持ってチェルに近付いても、座って待ってくれるなんて考えられなかったのですよ。
これは凄い進歩ですねぇ。

ただ器の中へ口を入れたときから威嚇が始まります。
威嚇のあとには攻撃が続くので、チェルが食べだしたら、すぐに離れなくてはいけません。

そしてサークルの外で食べ終わるのを待っています。

a

唸りながら食べています。

a

もうすぐ食べ終わるなぁ・・・と、見ていると。

a

食べ終わった途端、振り向きながら威嚇が始まり・・・

a

こちらへ突進してきます。

a

何度も何度も、柵に牙が当たるくらい攻撃を繰り返します。
ここで、こちらが恐がればチェルが「私は強い!」と誤解してしまうので
私達は普通の顔をしています。
「チェル、大丈夫だよ~」とか話しかけても、チェルの攻撃が激しくなる時は
「いけない、座れ」と指示を出して座らせて落ち着かせています。

a

すると、こんな笑顔に(笑)

a

んがっ、次の瞬間には威嚇(笑)

a

でもまた笑顔(笑)

a

気ままにお水を飲みに行き

a

また笑顔になって、本日の儀式は終了~。

これが毎回、食事のときに繰り返されるのです。
最初は唸ったら近くに居ないほうがいいのかな?と、遠くへ離れたりしたのですが
チェルのワガママは酷くなるばかりでした。

今は威嚇しようが攻撃しようが、笑って対応しています。
興奮が長引くときは「いけない、座れ」の指示です。

興奮中でも指示に従えるのは訓練の成果ですね。

成犬になってから咬み癖の矯正は、かなり難しいそうです。
チェルにとっては、この威嚇&攻撃が日々の儀式になってるように思えてきました。

長くなったので、今日はこのへんで終わります(笑)
// HOME // TOP // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。